ロゴ

我慢できない生理痛を抑える方法「薬の種類について」

HOME>Topics>女性の悩み生理痛【我慢できない痛みは薬で抑えよう】

生理痛で悩んでいる人へ

毎月の生理がくるたび、生理痛に悩んでいるという人は我慢し続けずに薬で痛みをやわらげましょう。多少の痛みは我慢した方が良いかもしれませんが、我慢できない痛みが生じることもあるため生理痛のときに飲んでも良い薬を知っておくと便利です。

生理痛の原因

女性
no.1

プロスタグランジンの過剰分泌

生理は剥がれ落ちてしまった子宮内膜を、経血と一緒に体外に出すために起こる生理現象の一種です。経血を体の外に出す働きのあるプロスタグランジンが過剰に分泌されてしまうと陣痛のような痛みが生じてしまい下腹部や腰に痛みを感じてしまうことが多いと言われています。

no.2

血行不良

生理痛の原因として二番目に多いのは、体が冷えてしまったことによる血行不良です。血行が悪くなってしまうと、痛みの原因ともなるプロスタグランジンが骨盤内にたまってしまい痛みがより強くなると言われています。

no.3

ストレス

三番目に生理痛の原因で多いのが、ストレスです。ストレス社会と言われているため仕方がない事と諦めている人もいますが、ストレスの影響で自律神経が乱れ、体調が崩れ、生理痛の痛みが増してしまうためなるべく溜め込まなようにしたほうが良いでしょう。

女性の悩み生理痛【我慢できない痛みは薬で抑えよう】

服用

我慢できない痛みは薬に頼るべき

プロスタグランジンの過剰分泌・体の冷え・過度なストレスが原因となり、生理痛が悪化しているという人は、生理痛に効果のある薬を調べ飲んでみましょう。痛みを我慢し続け悪化してしまうと、腰痛や腹痛だけではなく吐き気や頭痛の原因にもなってしまうと言われています。仕事中に薬を飲んで眠くなるのは困る・・・という人は、眠くなる成分が含まれていない薬を選んでみてください。また、生理痛を抑える薬によって、鎮静効果が変わるため自分にあった薬を探しておきましょう。